雑記

【オーストラリア留学体験談】西海岸パースでの生活と学校

更新日:

どうもNikuManです。

前回(【オーストラリア留学体験談】留学で便利なもの、いらないもの)までは留学前の準備や持ち物について、話してきましたが今回は現地の生活や学校について話していきたいと思います。

パースでの生活

寮生活

僕は学校の寮に住んでいて、同じ大学に通うオーストラリア人二人(一人は毎晩彼氏を連れ込んでくる女の子、もう一人は、超絶に声が低く、声量が小さい男の子)と部屋をルームシェアしていました。

個室は与えられて、キッチン、リビング、バスルームは兼用です。

同じ部屋に住むので当然コミュニケーションが発生するわけですが、最初は本当に話すことも聞くことも苦労しました。特に男の子のほうは本当に聞きにくかった。まじでもっと大きい声で(ry)

二か月から三か月くらいは困難しましたが、根気よく話していけば聞けるようになります。継続は力なりです。

多くの大学の寮には共有ルームみたいなものがあり、そこでパーティーやゲーム大会、カラオケなんてのも催しでやったりしています。楽しいのでぜひ参加してみてください。

買い物

さて、寮の周りの環境ですが、基本買い物はバスを使っていってました。最初のうちは歩いて行ったりしてたんですが、遠すぎてやめました。オーストラリア車必須です。

家のサイズも公園も食材もなにもかも日本とスケールが違います。牛乳はガロン単位、肉はばら肉なんてありません。物価に関して言えば、日本よりやや高めです。外食はめちゃ高い。

チャイニーズタウンや日本食ショップに行けば少々割高ですが日本の食材や調味料はあるので、日本食に恋しくなったらいってみるのをおすすめします。

パースの街並み

パースの街並みは本当にきれいです。

さすが世界一美しい街といわれるだけあります。

元イギリス領なのでヨーロッパの雰囲気が漂いつつ、オーストラリア特有の開放的な景色が広がっています。とても心地よいです。

ぜひ散歩してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

治安は良いほうではあるんですけど、日本ほど安全ではないので夜の外出は控えたほうがいいと思います。

特にやばいといわれているのがノースブリッジっていうところです。仲の良かったオーストラリア人に連れて行ってもらったんですが、薬物中毒者やブローカーそこらへんにいます。本当に気を付けてください。

仲の良かった日本人はそこで無謀にも一人でいって、お金全部取られて顔腫らして帰ってきました。

でもクラブとカジノは楽しいからぜひ行ってみてください。

 

学校

留学生は基本的には英語の勉強から入ります。僕の場合はテストの成績でクラス分けされました。

クラスメイトは日本人、中国人、インド人その他もろもろとアジア系が多かったです。

日本の授業と違い、オーストラリアではチームでの作業がとても多いです。

日本では先生から生徒という一方向に情報が流れていくのに対し、オーストラリアでは基本的に、話し合いをしながら授業を進めることが多いです。

そこで外国人は質問したり自分の意見をいったりと積極性が日本人とはまるで違うことを痛感します。

先生や周りの生徒は間違いとか全然気にしてないので、恥ずかしがらずに発言するといいと思います。

あと、個人的に一番難しかったのはインド人との会話です。僕のリスニング力が低い&インド人の独特な訛りのせいで本当に最初は聞きとれませんでした。

「え?いまヒンドゥー語喋ってる?英語喋ってる?」

ってなりました。慣れれば聞けるようになるので根気よく喋ってみましょう。

 

まとめ

過去の思い出を振り返りながら書いてきましたが、正直書ききれないことが多いので、それはまた機会があったら書こうと思います。

最初のうちは買い物やバスに乗るといった日本では当たり前のことがチャレンジになります。

怖いとは思いますが、何事も挑戦と割り切って楽しんで生活してください。

オーストラリアにいけば、とても刺激的な生活が待っていると思います!

 

Sponsored Link
Sponsored Link

-雑記

Copyright© にくまん屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.