未分類

【イベント出店者へ】機会損失を防げ!導入しやすいカード決済まとめ

投稿日:

 

時代はキャッシュレス化が進み、ありとあらゆるところでカード決済ができるようになってきています。

コミケや飲食フェス、お祭りなど、様々なイベントが行われていますが、

クレジットカードや交通系電子マネーが使えればなぁ~

と思ったことはないですか?

イベント等でカード決済できるお店は案外少なく、そのせいで売り上げが減ることもあります。

そこでおすすめなのが、手軽に導入できるカード決済サービスです。

 

なぜカード決済が良いのか

 

機会損失という言葉をご存じでしょうか?

機会損失とは、ある意思決定をしないことで、利益を得る機会を失い、それによる生じた損失。

という意味です。簡単に言ってしまえば、売り側の事情のせいで利益が減少したという状態です。

例えば、手持ちに現金がないお客さんがいて、クレジットカードなら払えたけど、現金では払えない。でもお店はカード決済に対応してないので結局買わなかった。

というような、本当は利益を得ることができるはずだったのに、そのチャンスを失った。という状態です。

とてももったいなく思いますよね。

そのようなことを失くすためのカード決済です。

今では、導入期間は一週間程度。導入コストは0円、手数料も3.24~3.75%で利用できるものがほとんどなので、簡単に導入できます!

会計時間や精算ミスも減らせるカード決済で、売り上げUPを狙っていきましょう!

導入しやすいカード決済3選!

 

Airペイ

導入費用は0円で、月額固定費、振り込み手数料も無料です。

導入期間はおよそ1週間~2週間ほどで、クレジットカード、SuicaやPasmoといった交通系電子マネーを幅広く使えます。

決済手数料はカードにより異なりますがおおよそ3.24%と業界最安水準です。

注意点としては、iPadもしくはiPhoneが必要です(iosのアプリダウンロードのため)



square

こちらも導入費は実質0円、月額固定費や解約手数料もかからず、発生する費用は決済手数料(3.25%~)のみです。

導入期間も1週間程度ででき、入金も最短で翌日には振り込まれるのでキャッシュフローも気にする必要がありません。

ただし、決済手段はクレジットカードのみで、交通系電子マネーなどの他の決済はできないので注意してください。



Times pay

Times payも導入費は0円。決済機器3点セット(端末+通信費+プリンター)が何台でも無料なのは嬉しいポイントの一つです。

決済手数料も3.24%~3.74%と一般的。

クレジットカード、交通系電子マネーはもちろんnanacoやwaonにも対応していて、幅広い決済手段をとることができます。

サポートも充実しており、機器自体のセキュリティ面も2018年6月に改訂された割賦販売法に準拠した仕様になっています。

ただし、導入期間がおよそ3週間ほどと長めに必要なので、すぐに導入したいという場合には注意が必要です。



まとめ

キャッシュレス・消費者還元事業というものが2019年10月~2020年6月(9ヶ月間)の間に行われます。

2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として行われる取り組みのようで、カード決済を取り入れることで、決済手数料が安くなったりと様々なメリットを被ることができます。

時代はまさにキャッシュレス化。その動きはどんどん強まると思います。

カード決済を取り入れて、効率よく売り上げupを狙っていきましょう!

Sponsored Link
Sponsored Link

-未分類

Copyright© にくまん屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.