英語

留学の目安となるTOEICの点数は?留学とTOEICの関係

更新日:

 

英語力の指標として、大学や企業で多く使われているTOEIC。

留学する際にも、TOEICが基準となることは結構あります。

でも留学に行くには大体どのくらいのスコアを持っていればいいんだろう?

と疑問に持つ人は多いのではないでしょうか。

今回はそういった、留学の目安となるTOEICスコアや、TOEICと留学の関係について話していこうと思います。



留学の目安となるTOEICスコア

TOEICといってもTOEIC L&R(Listening&Reading)やTOEIC S&W (Speaking&Writing)、TOEIC Bridgeというものがありますが、

今回は最もオーソドックスなTOEIC L&Rテストについてお話します。

皆さんご存じかとは思いますが、TOEICは990点満点で行われるテストです。

進学なのか、語学留学なのかで求められる点数は大きく変わります。

 

進学の場合

進学の場合は行きたい大学により、スコアが異なってはきますが、おおよそ最低でも700点以上のスコアが求められます。

大学、または大学院では、プレゼンやレポートの作成を求められるので、TOEICとは違ったアカデミック英語を学ぶ必要もあります。

そのほかにも、専門的な語句や知識を学ぶので、さらに求められる英語力は高くなるでしょう。

そういったことも考慮して、TOEICは800~900、大学院の場合は900点程といった高い英語力が求められます。

 

語学留学の場合

語学留学の場合は、留学の目的が英語力をあげることなので、高いTOEICスコアは求められないことがほとんどです。

授業はもちろん英語なので、最低限のリスニング能力や、文法、語句知識が必要になります。

スコアとしては450~550点が目安になってくるでしょう。

 

語学留学で効率的に英語力を上げたいなら500点以上

さて、先ほど語学留学の目安となるのは450~550点とは言いましたが、個人的には500点以上あるのが望ましいと思っています。

語学留学をした友達や僕の体験談の話になりますが、500点未満だと基礎的な語学力が不足して、自分に自信が持てなかったり、知識がないからそもそも英語を理解できなかったりします。

そういった要因から、英語に対するモチベーションが落ちて、結局周りにいる日本人とばかりいてしまうというのが少なからずあります。

知識がないから、聞いても何を言っているのかがわからない、会話したいけど語句を知らないから話せない

っていうのは折角留学にいくのにもったいないですよね。

ですので、ある程度の基礎がついている500点を目安にするのがいいと僕は思っています。

雑談:留学に行けばTOEICの点数はあがるのか?

留学前と帰国後、自分の実力を見るためにTOEICの試験を受けると思います。

毎日英語に触れていたんだ!めちゃくちゃ上がるに決まっている!!

と思っている皆さん。(僕もそうでした)

案外あがりません。(絶望)

いや、もちろんめちゃくちゃ上がる人もいるので、なんとも言えないのですが、割とそこまで上がらなかったっていう人が多いのも現状です。

では留学にいってもTOEICはたいして上がらないのかと言われればそれは間違いです。

TOEIC向けの勉強をすれば、TOEICの点数は爆発的に伸びます。

留学で得た基本的な能力は、血肉となって自分の中にあります。

それに+αでビジネス英語やTOEICという試験に慣れれば、驚くほど簡単に上がります。

なので、留学にいってもあんまり上がらなかったっていう方はぜひTOEIC向けの勉強をしてみてください!

TOEICテスト対策

 

 



Sponsored Link
Sponsored Link

-英語

Copyright© にくまん屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.